人の心理を読むアイテムは自分自身

   

どうもです( ◠‿◠ )

人の心理・心を読めるってなんとなくですが、かっこいいですよね♪心理を読めるようになると、色々と先読みができるようになって生活も豊かになります。

・心理を読むには自分に置き換えて考えること

相手の心理を読む。相手って人ですよね。そして、自分自身も人ですよね。

同じ人であるなら、相手の状況・立場・境遇に自分自身を投影してみれば良いんです。

そうすると、おおよそ理解することができます。

相手の状況・立場・境遇を想像して、自分に置き換えた時『あ〜確かにこの状況なら俺もそうするな〜』って感じになると思います。

例えば、スマホをいじっている時に、いきなり警告画面が出て『早くしないとウイルス感染します。こちらのソフトをインストールして下さい』と画面に出て、徐々に画面がおかしくなってきたら、ソフトをインストールしてしまうかもしれません。

これに近いアプリ広告実際にありますよね(^_^;)僕はそういうときはとりあえずホーム画面に戻しちゃいますが、高齢の方とかでスマホを使用している人とか小・中学生がこれを見たら、もしかしたらインストールしてしまうかもしれません。

そして、これが仮にインストールしたらウイルス感染という悪質なものである場合、かなりうざいですよね。

ある人から見たら『そんなのにひっかかっちゃってんのかよ〜(笑)』となるかもしれませんが、相手の立場を想像してみると、高齢の方はそういうネットの知識に疎いことが若者と比べて多いと思うので、いち早く解決できるような方法が目の前にあると、どうしても頼ってしまいがちになり、インストールしてしまう可能性があります。

小・中学生がこれを見ると、親にスマホ代を出してもらっていることがほとんどで、さらに親に自分のプライベートを見られたくない多感な時期ということがあるので、怖くなってしまうが、親に見せることができない心理が働いてしまうと思います。よって、解決方法が目の前にあると『親にバレずに済んで、しかも解決できるじゃん』となって、インストールをしてしまう可能性がありますね。スマホを壊したり、ウイルス感染により多額な金銭を要求されたりすると、親に怒られる背景があるので、なかなか言えないんですよね〜(⌒-⌒; )

こう考えると、確かに誤ってインストールしてしまう可能性が結構あると思います。

ネットのウイルス感染を狙っているハッカーなどはこういう人の心理をうまくつきながら、巧みにウイルスを仕掛けてきます。人にとって魅力的になるサイト表示をしておいて、クリックしたらウイルス感染しちゃうこともあると思います。

ワンクリック詐欺とか、チェーンメールなんかもそういう心理をうまくついていると言えますね。

このように人の心理を読むのに大事なことは、自分をその状況に投影することです。

そうすれば、人の心理を読むことが結構出来る様になります。また、自分はそんなことしないよ(^_^;)ってなっても、もっと掘り下げて考えると、『こういう価値観の人もいるだろうから、そうなってもしょうがないのかな』と人の価値観と照らし合わせて推論を導き出すことができます。

これが発達すると、様々なことの先読みができるようになります。

極論を言うと、未来予知ができるようになるんですよ(*^▽^*)

この能力はどの時代においても役に立つ能力だと思います。心が存在する人がいる限り、心理というものは無くなりません。AIが発達する世の中になると思われますが、そのAIも、もしかしたら感情…つまり心を持つことがあるかもしれません。そうなった時、その心理を読むことができる人たちは貴重な人材となるのかもしれませんね。学習型自立機械心理学とかAIロボットとの良好な家庭環境を育む方法など、そういうものが生まれるかもしれませんね。

 

・雑記

僕は人の心理に基づいて、なぜそうなるんだと考えることが結構あります。ものが売れる、そういう状況になることの根本は人の心理が導き出すことが多いです。自然が絡むものは例外ですが。

Amazonがこれだけ売れるのは、豊富な品揃え・早い・ネット一つで欲しいものが手に入る手軽さですね。人が多々思う『めんどくさい』と『即効性を求める』の部分をうまいこと解決してるからですね〜もちろん他にも要因はあると思いますが、こんな感じで人の心理を追求すると、ビジネスでも役に立ちます。

それと、理論を形成している奥の部分を追求できるようになります。これは自然が導き出す現象の理論とかにも該当します。

とりあえず、いいことづくめってことだけ分かってもらえればOKです!!

今日はこの辺で!

どうもありがとうございました〜(*´∀`)♪

 

 

 - 精神・心理・気持ち