積極的な内気

   

どうもです( ◠‿◠ )

積極的な内気って矛盾しているような文章ですよね(笑)でもこれは矛盾していません。僕なりの表現です。どうぞ楽しんでいってください(*^▽^*)

・これは不言実行だ!

内気な人って、一般的には口数が少なくて、自分の意志を前面に出せない人のイメージがあるかと思います。自信がなさそうとも取れますね。

こういう風に見ると、悪いイメージですよね?でも、努力や頑張りをあまり人に見られたくない・知られたくないって人がいると思います。僕もそうです。恥ずかしいんですよね(笑)

そういうことをひけらかすような心が僕はあまり好きじゃないんですよ。そして、そういう人は何度も同じことをひけらかします。

確かにある程度なら功績を言ってもいいと思います。ただ、本当の意味で成功している人は、謙虚になります。それは、成功したのは周りの人のおかげだと認識しているからです。

そして、大抵こういう人は『運が良かった』といいます。

運が良かったというと、なんだかとても謙虚に移りますよね?

こういう人は運が良いことはもちろんなんですが、運を持ってくる、または呼び寄せる力があります。

謙虚ではあるんですが、運を持ってくる、呼び寄せるために積極的なんですよ!

積極的な内気の意味するところは、行動しまくる謙虚な人という意味になりますね!

これって不言実行とも言えます。

個人的にこれはカッコいいなと思います。そして、日本人の性質的にこういう人って多いんじゃないかな?僕も日本人だから、カッコいいと思うのかも( ◠‿◠ )

 

・積極的な内気は内向的なわけではない

先ほども書きました通り、積極的な内気は行動しまくる謙虚な人です。

これってよく見ると、別に内向的で社会性がないということではないですね。

自分の功績や実績に対して内気なだけです。では何故、それらに内気か?

自分自身が満足しているからです。

つまり…自分の本当にやりたいことをやっていることになります。

その結果、人の役に立ち、人から賞賛される。これですね!

結果を求めるよりか、その過程に楽しさを導き出していると思います。

もちろん結果も大事ですが、結果を求めすぎて、過程が楽しくなくなっちゃうと本末転倒です。

多分、結果を残したとしても、つまらなくなります。空虚…と言うんですかね?虚しくなっちゃうと思うんです。

積極的な内気な人って、自分のやりたいことをただやっているだけだから、その功績や実績を人に言う必要すらなくて、ただ黙々と、そして情熱を持ってやっているだけです。これを永遠とやっている。まるで呼吸をしているように。

呼吸することを人にわざわざ言ったりしませんよね?そんな感じです。

なんだか、まとまりのない文章になりましたが、実は今日お仕事で、帰ってきて思い浮かんだのを適当につなぎ合わせちゃった感じです(笑)

よく考えたら、僕の中の理想の人を勝手に積極的な内気と定義していますね(笑)

まあ、こんな感じで今日は終わります♪

どうもありがとうございました〜(*´∀`)♪

 

 

 

 

 - 思想, 精神・心理・気持ち