攻殻機動隊から学べること

   

おはようございます(*^_^*)

今日もアニメの話をしますね!

皆さん、攻殻機動隊ってアニメを知っているでしょうか?

結構昔からあるアニメで、確か最初に映画をやったのが1995年です。

まだ、僕が2歳の時ですね。

この、アニメの世界では、電脳、義体、自立型AIなど、僕たちの世界よりもネットの世界が発達していて、身体の改造技術も発達しています。

いわゆるSFってやつですね( ^ω^ )

僕が見た攻殻機動隊はテレビでも放送されたSACとGIGで、確か2027年くらいの設定でした。このアニメがやっていた時期が2002〜2004年くらいです。

なんですが、今後の未来を描いているみたいですごいですよ!まず、ネット空間と電脳を繋げて、仮想現実の世界を構築していること、タチコマという自立型AIがいること、義体によって超人的な身体能力を得ていることなど、今の現実とリンクしているところがあるし、これから先、まさにそうなってもおかしくはないですよね?

ネット空間が生活に占める割合の増加、AIの発達はまさに今起ころうとしていますね。

仮想通貨の台頭、VR技術、AIの活用と色々増えていますよね。

義体については、まだ作中ほどの能力を手に入れることはできないかもしれませんが、電脳に関しては進んでいきそうですね!

このアニメの面白いところは、そういった技術をただ単に全開に披露して敵を倒すような感じなだけではないところです(・Д・)

扱うテーマがシリアスなことが多くて、結構考えさせられます。こういう未来になった時にこういう社会現象だったり、社会問題、個人の魂はどうなっていくのかを想像することができます。

そういった社会になる前にアニメによって具体的に想像できるから、アニメは良いと思うんですよ〜( ^ω^ )

映像があると、頭の中でイメージができて、鮮明に想像できるようになりますね。

今って2017年…もうすぐ2018年…今現在で、IT技術はどんどん発達しています。

攻殻機動隊は2027年くらいが舞台です。後10年ほどで攻殻機動隊の世界に追いつくかもしれないですね!全然可能性はあると思います(*^_^*)むしろ現実が超えるかもしれませんね。

つまり、今から、未来に起こることを考えておくことはとっっっても大事なわけです。そうすれば、その時にどのように立ち回れば良いかなど、先に分かりますよね。

めっちゃアドバンテージですよね!(・Д・)

こういう作品を古くから出しているのってすごいですね( ◠‿◠ )

僕は作品に出てくる自立型AIのタチコマが好きです(笑)図体はでかいですが、結構可愛いですよ(*^▽^*)

これがタチコマです(⌒▽⌒)

攻殻機動隊って海外でも人気があるみたいです。近未来的な要素とシリアスチックな感じが受けたのかもしれませんね。

まだ見ていない人はぜひぜひ見てください!オススメします!!

最近、劇場版とかもまたやり始めています。

またテレビで新しくやって欲しいですね〜〜〜

これからの未来とも遠からずな部分はあると思います(⌒▽⌒)色々と学べることや、確かにそうだよな〜と共感できる部分も多くあると思いますよ!

 

では今日はこの辺で!

どうもありがとうございました〜(*´∀`)♪

 

 

 - 趣味