日本は財政破綻しない理論のトリック

      2018/01/04

はいどうも〜〜( ^ω^ )

今日は、ちょっと真面目な話を噛み砕いて書いていきますね!

こういう話を分かりやすく、面白く表現するのが僕の目指しているところです!

・現在の日本政府の借金及び経済政策

はい!では始めたいと思います( ^ω^ )

勢いと噛み砕いた表現で突っ走っていきます!

まず、日本政府の借金から

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HRI_10112017000000/

http://ecodb.net/country/JP/imf_ggxwd.html

まあ大体2017年12月で、1100〜1200兆円ほどでしょう。

大まかに分かれば良いです( ◠‿◠ )

そして、年々増えていってますよね。

それはつまり、毎年毎年借金を重ねているということですね!

家計であれば、とっくに破産だ〜!!(笑)

そして、アベノミクスという経済政策をめちゃくちゃ簡単に言います!

お金をいっぱい刷って、市中に出回せれば、みんな豊かになる!

ということです。

これを金融緩和と言いますね。

こういう経済理論の人たちをリフレ派と言ったりします。

意外とやっていることは単純なんですね〜〜

 

・この経済政策って良いの!?

一言で言うとダメです(笑)

お金をむやみやたらに刷るのは、自滅行為です。

お金の価値が下がります!

しかも、市中に出回る目的でやってますが、ほとんど一部に持ってかれています。

株価・不動産価格などが上がったりしているのはそのためです。

そして、インフレでないと言ってますが、実際はインフレしています。

ニュースを見たり、買い物に行くと分かりますよね?

これは、このデータがすごく参考になるかもしれません。

一橋物価指数が暴き出すかもしれない日本経済の実態

これが言っていることは、価格据え置きで内容量を減らしている商品に対しては

インフレ率が反映されていないということだと思います。

量が減って価格は前のまま…これって実質の値上げですよね?

この状況と、実際に価格が上がっているのが相まっています。

インフレについてはこの記事でも書いています!

インフレについて

インフレは、生産性が上がっている場合なら良いですがそうでない場合、大抵悪い影響を及ぼします。

値上がりすると財布の紐が締まりますよね?

っていうか家計が苦しくなりますよね。

インフレにならないから、お金をいっぱい刷る。しかしインフレにならないからまたお金を刷る。

これをこの5年間繰り返しているわけです。

実際はインフレしているんですけどね(^_^;)

まあこんな感じで、あんまり良くはなさそうですね〜

 

 

・日本は財政破綻しないという理論のトリック

こんな状況でも、仕切りに『日本は財政破綻しないよ』

という理論をいう人がいます。

そして、その根拠は

『日本はほとんどが国内での借金だから』という理論です。

確かに外国から借りているわけではないので、どうにか切り札を使えばチャラにできます。

今では徳政令をやるかは分かりませんが、

現実的に考えられるのは『財政ファイナンス』ですね!

これは、政府発行の国債を中央銀行が直接購入するという切り札です。

というか禁じ手です(笑)銀行法で禁止されています。

これが禁止されている理由は、財政ファイナンスをすると、返済期限が実質無くなったり、返さないでもいい状態になったりするので、財政規律が無くなるんです。

実質無くなるというのは、返済期限(償還ともいう)を100年とかすごい長くするんです。

それで、利子も無くしたりするので、毎年の金利の支払いもないという芸当も可能です。

簡単に言うと

『やべっ金足らね〜けど、また刷れば良いや〜』と言うことが可能になります。

一般人がこれをやったら犯罪ですよね?

でもね、政府はこれをやろうとしているんですよ(笑)

道理に合わないですよね?

ゲームで言ったらチートですよこれ!

こうして、いっぱいお金を刷る力を手にいれて、意図的にインフレにしていくと…

あっという間に政府の借金が減っていきます!

これのメカニズムは

借金1000兆円ですよね。

インフレってお金が日本にいっぱいある状態ですよね。

でも額面の借金1000兆円ってそれに合わせて金額が変わるわけではないですよね?

だから、そのいっぱいになったお金で返済すれば…あっという間に返済できると言うわけです。

本当はインフレ前のお金(①)の方が価値があり、インフレ後のお金(②)の方が価値がありません。

でも額面が変わっていないから、①と②の効力は変わらないんですよ!

①も②もお札の一万円は一応一万円と書いてありますよね?

見た目が変わらないから分かりにくいですが、お金の力が変わります。

これでなんとなく分かりましたでしょうか?

図とかで説明したいのですが、あいにく図やイラストのセンスがあまりないもので(⌒-⌒; )

すみません🙇

 

これが可能だから、確かに政府の財政は破綻しないかもしれません。

大体の人はここで終わってしまうんです!

この後を考えて見ましょう〜

こんなにインフレした日本に住んでいたら、僕たちはどうなるでしょう?

モノ買えない、サービス受けれない、預金も奪われている…

最悪じゃないですか!?

そうです!被害を被るのは僕たち国民ですよ!

そして、日本のお金『円』の信用が著しく失われていきます。

今は輸入をたくさんしています。

つまり…輸入だって簡単にできなくなります。

ものすごい円安になるということです。

さらにモノも買えないですね(⌒-⌒; )

 

政府は破綻しないが、国民が破綻する!そして国民が破綻したら、国というものは国では無くなる!

これですね!

ある種『日本は破綻しないよ』は正しいですが、その奥に隠されたものを辿っていくと、僕たちが終わりますね

 

・雑記

とりあえずこの辺で終わりにしますね(笑)

経済のことに関しては言いたいことがたくさんありますが、それはまた別にまとめたものを新しいページを開設

して出していく予定なので、乞うご期待で宜しくお願いします!

 

なるべく、分かりやすく面白く表現したつもりですが、結局まあまあ真面目な感じで書いちゃいました(゚o゚;;

アチャー(T_T)

 

今日書いたことは、知っておいて損はないはずです。

歴史を学ぶとよく分かりますよ♪

 

どうもありがとうございました(*´∀`)♪

 

 - チョロっと出る知識, 経済