話し方一つでかなり変わる!

      2018/01/04

どうも〜(⌒▽⌒)

見てくれてる皆さんに感謝しながら、頑張っていきます!

今日は話し方一つで相手に伝わる具合や、お互いに気持ち良い時間を過ごせるかについて、

書いていきますね♪

これって結構大事で、ちょっと変えるだけで全然違うんですよ!

話す内容がいくら素晴らしくても、話し方が悪ければ相手に伝わりませんよね?

相手の感情を逆なでするような喋り方をすれば、内容を聞く以前に、ムカつくのが先行して

感情優先になってしまいますよね(^_^;)

日常の日々の小さい喧嘩なども、意外とこういうことが多いんではないでしょうか?

そして、小さいことが積もり積もって、大喧嘩となります(´Д` )

それで、疎遠になったり、離婚したり…勿体無いですよね?

そういうのを少しでも無くしていけたら良い感じです!

もちろん、やってることがとてつもなく酷かったらまた別ですけどね(笑)

では、書いていきますね(⌒▽⌒)

 

・怒ったような口調はほぼ損

これって皆さんなんとなく分かってますよね?

いっつも怒ってそうな人と話すのって嫌ですもんね。

これだと、まず喋ってくれなくなります。

それで、喋ったら火種を自ら巻いているので、何かしらのわだかまりが生まれます。

マイナスの波動ばっかり出すことになるので、誰も得しません!

エネルギーを無駄に消費しているのと一緒なんですよね(^_^;)

そのエネルギー、他で使いましょう!

そうしたら、もっと自分・相手のためにできることが増えるはずです。

思い当たる節が、結構あるんじゃないでしょうか?

これを見て

自分自身が『そうだな〜』と思ったら、少しずつ直してください( ^ω^ )

相手がそうだと思ったら、自分はあんまりムカつかないように、柔らかく対応しましょう!

もし、ずっと変わらないのであれば、

『この人はこういう人なんだな〜。ちょっと勿体無いけどしょうがない』

『怒んなきゃすごいんだけどな〜』

みたいに相手の良いところを思いながら、気持ちに余裕を持った感じで対応しましょう。

どうしても付き合わなければならないこともあるので、縁を切っちゃえ!とは

言いません(笑)本当はそれが良いのかもしれませんが(^_^;)

 

 

・声のトーン・表情・身振りなどをフルに使おう!

表情、身振り・声のトーンはかなり大切です。

相手に伝わる情報量が違ってきます。

五感を刺激するから、相手にも伝わりやすくなります!

そして、声のトーンは結構見落とされがちかもしれませんね。

話す内容が皮肉まじりだったり、ちょっと嫌味っぽくても、声のトーンを意識して話すと

笑い話にできたり、それを笑いに変えてることが相手にも伝わったりします。

相手にとって、キツい表現になりそうな時などは、声のトーンを意識して話すと

それだけでかなりキツさが軽減されますよ!

僕はこの部分はかなり意識していて、なるべく柔らかい感じになるようなトーンで

話しています(⌒▽⌒)

『そうだね』という言葉一つとっても

怒りっぽい感じ『そうだね( *`ω´)』と

優しそうな感じ『そうだね〜(⌒▽⌒)』

では全然違いますよね。

文字だけだとちょっと伝わりづらいかもしれませんが、みなさん経験あると思います。

なるべく、優しそうな感じの方が良いですよね〜( ^∀^)

これらを意識していけば、意思疎通というのはすごく簡単になります( ◠‿◠ )

だって話しやすいですからね♪たとえ間違っていても、修正が効くんです。

 

・雑記

だいたいこういう感じです(笑)

僕がこの中で一番言いたかったのは声のトーンですね!

これって意外と忘れられていると僕は個人的に思います。

一度、怒りっぽい人とキャラ付けされると、それを取り払うのが難しくもなるので、

なるべく、そうならないようにしたいですね(*^_^*)

 

それでは今日はこの辺で!

何か引っかかることがあれば質問してください!

どうもありがとうございました(*´∀`)♪

 

 

 

 - 人間関係, 習慣・行動